マーケティングオートメーションの使い方

皆さん、マーケティングオートメーション(Marketing Automation)をご存じですか?

IT社会が叫ばれてから久しくなりましたが、従来、企業が顧客のニーズや消費者の動向などのデータを一生懸命集めて戦略を立てていたマーケティング活動が

今や基本的に自動で収集するようになったものです。

これによって、データ収集に充てていた人手やコストを軽減することができるのです。

基本的に、MAで用いられるのがWebです。

これをフル活用して情報を獲得・管理し、購入などの見込みのある顧客かどうかを、企業で一元化されたデータベースからその度合いに応じて抽出されるのです。

これによって、今まで人対人、企業対企業という関係性の継続が難しいことがあったのに対し、Webで効率的・集中的に顧客情報を利用してくれるので、企業は見込み顧客に対して最適なタイミングで告知してくれるのです。

顧客の動向も、Webでそれらが履歴として残ることから、企業が今推し進めるサービスや商品などの情報提供を、ちょうどよいタイミングで発信することができます。

メールやWebコンテンツなどを上手に活用していくことで、顧客への情報提供もリアルタイムで自動的にやってくれます。

ツールを整備し、MAを使いこなすことによって、企業が求める顧客に対してすぐに訴求することができます。

ゆくゆくは売り上げや受注数の増加につながっていきます。日本では、まだ活用例が少ないことから、今こそMAを導入するチャンスです。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。

マーケティングオートメーションの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る