無料のマーケティングオートメーションツールについて、どこまでが無料であるか?

無料で使用できるマーケティングオートメーションツールについては国産のマーケティングオートメーションツールであれば、BowNowがあげられます。

無料であるマーケティングオートメーションツールは主に機能を制限することで無料と有料のマーケティングオートメーションツールと差別化を図っています。

その為、無料のツールは顧客のリード分の既読数を多く保存できないものや興味を持ってくれた企業に対してメールマガジンを自動で送るといった企業の商品ですとかサービスを紹介することを自動で行ってもらえないという違いがあります。

ただし、それでも企業がどのくらい自分の企業に興味を持ってくれているかなどのデータ自体は閲覧することが機能制限付きですが可能ですので、まずは、マーケティングオートメーションツールとはこういったものですよという意味の宣伝を兼ねて無料にしているということです。

その為、完全に機能を開放するためには1か月あたりに定められている使用料金を課金をして性能を向上させるということが主なマーケティングオートメーションツールの仕組みです。

これは、BowNow以外のツールも同様で性能を向上させたり、ツールにできる機能を追加するためには1か月あたりの使用料金を支払うことで機能を強化していくため、無料でできることは限られていて、企業に自社を知ってもらう機能を生かすことはできないといってもよいです。

無料はあくまでお試し期間で、ツールのおおよその使い方を把握するためのものでこれは、オートメーションツール以外のソフトウェアにおいても導入されており、マルウェアを排除するソフトウェアなどでは常駐して利用することができないなど制限を設けていることが多いです。

ですので、マーケティングツールの性能を使用するには無料では機能が制限されており、使用料を払うことで機能を開放することができます。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。

無料のマーケティングオートメーションツールについて、どこまでが無料であるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る