組織の意思統一がなされていないとマーケティングオートメーション導入は失敗する

新規顧客開拓に高い効果が期待されるマーケティングオートメーション。
多くの企業が導入を始めましたが、中には活用に失敗してしまうケースも見られます。

マーケティングオートメーションは、単にシステムを導入するだけでうまくいく、といった簡単なものではありません。
正しい運用をして初めて成果が表れます。
運用スキルを身につけた人材の確保・育成を怠れば、失敗するのは明らかです。

マーケティングオートメーションは、さまざまな顧客データを統合的に分析し、見込み客を掘り起こすことが目的のシステムです。
正しく運用するためには一つの部署だけではなく、企業全体のデータを網羅的に分析する必要があります。
そのため、各セクション間の連携が不十分な、いわゆる縦割り構造の組織であるような場合だと、十分なデータが集まらず、分析が中途半端になってしまいます。
マーケティング効果も期待したほどの成果が出せず、導入は失敗に終わってしまうことでしょう。

そのような失敗を防ぐためには、マーケティングオートメーションを導入する前段階で、組織全体でシステムの目的や意義を共有する必要があります。
何のためのシステムなのか。活用には何が必要なのか。
それらを組織全体で正しく共有していれば、各部署から必要なデータや資源が集まり、マーケティングオートメーションは理想的な環境で運用されます。

意識の統一はマーケティングオートメーション成功の必須条件です。
失敗による損失を回避するためにも、導入をあせらず、まずは組織内での意識統一を徹底してください。

組織の意思統一がなされていないとマーケティングオートメーション導入は失敗する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る