Mauticの言語設定を日本語に切り替える方法

無料で利用できるオープンソースベースのマーケティングオートメーションツールとして広く普及しているMauticは日本語に対応しています。

開発は英語ベースで行われましたが日本語にも対応しているので英語が不慣れな方でも安心して利用できます。

mauticのインストール作業は英語で進められるので初期設定までは英語の指示に従って操作するしかありません。

インストール手順はソフトウェアとしてはごく標準的なものであり複雑な英語も使われていないので英語が苦手な方でもweb翻訳などを利用すれば特に問題なくインストールが完了します。

インストール完了後にツールを立ち上げると英語の管理画面が表示されます。

日本語に切り替えたいときは管理画面の「configration」から設定画面を開き「Default language」の項目で「japanese」を選んでください。

「Apply」をクリックして確定したらmauticの日本語切り替えが完了します。

日本語に切り替わらない場合はWebサーバー側のキャッシュを削除してください。

mauticをインストールしたディレクトリ内にある「/app/cache/prod/」フォルダを削除すれば正常に日本語化されます。

言語設定度同時にやっておくべきことがもう一つあります。

それはタイムゾーンの設定です。「configration」内の「Default timezone」の項目を「tokyo」にあわせてください。日本時間が適用されます。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。

Mauticの言語設定を日本語に切り替える方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る